金沢:蓄音器館にて‥

金沢を母と旅をした時のことを思い出した。

蓄音器館に行って、母方の先祖の家に
どの蓄音器があったか母に説明された。

かなり大きな物で、戦争の犠牲になった
蓄音機のことを思い出した母の誇らしげな
思い出話を聞かされた。

蓄音機の音は、印象的だった。
ぬくもりがある室内で音を楽しむ
はじまりを感じているような気がする。

500もの様々な蓄音機が集められ
毎日11時・14時・16時の聴き比べ実演の
16時の会に滑込みセーフでした。

音楽が、レコードが大好きなのは
DNA発信なのかもしれない

20歳をすぎると親のDNAが騒ぎ出すそぅよ。

大祖父が、オペラを音楽に合わせて
歌っていた話は何度か聞いていた。

戦争が無ければ、もしそのままならば
私はここにいなかったかもしれないと感じた。

慎ましやかに、というよりかは
母方の祖父母は、貧乏だけど子沢山で
賑やかに暮らしていた印象しかない。

観光スポットが幾つか集まる中にあったので
観光のレトロバスで巡れたと思います。


沢山の蓄音機を見て、音楽を聴けて
当時のレコードも安価で買えました

おうちのプレイヤーではムリそうだけれど
「都内の蓄音機があるカフェでかけてもらえるかも」
という母の言葉を信じて数枚買いました。

1Fの休憩場所でも蓄音機から流れる
レコードの音を楽しめたことと
1日中、バスに乗り、歩いてきて
今日の観光と見学も終盤だな、とゆっくり休んだ。

GW終わったすぐに行ったのと、閉館間際で
祭の後みたいに、私達と解説してくれた人だけ
贅沢な見学となりました

隣接する泉鏡花記念館にも間に合えば
入りたかったけれど、間に合わなかった。


「次また来ようね」なんて話してたけれど
ムリしてでも金沢完結するくらい‥
延泊してでも回ってくればよかった。

東京からだと、飛行機ならば早い
でも予算を考えて列車で行ったので
長くて遠く感じました。

観光ガイド本も置いてあるので、自販機で
飲み物でも買って記念品を見て休憩をしながら
次の目的場所を見つけてもいいかも。

初日に、浅野川沿いを歩きひがし茶屋町に
行ってきたのですが午後ゆっくりから
スタートしたので、午前中からならばここも
回ってこれたと思います


ひがし茶屋のことはまた今度。







大人の科学 プレミアム蓄音機
学研
2008-05-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

こういうITEMが欲しいですぅ
(´▽`)るぅ~~ん♪


人気blogランキングで、人気ブログを探してみる。
CoRichブログランキング



ブログマイル:究極のお友だち紹介制度誕生


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック